種まきの壺 - ベランダや庭に種を播こう!





ハーブの種まき

  • バジルの種まき

  • 大葉、紫蘇(シソ)、しその種まき

  • セロリの種まき

  • 春菊(シュンギク)、しゅんぎくの種まき

  • コリアンダー(パクチー)の種まき

  • ディルの種まき

  • カモミールの種まき


  • 花の種まき

  • 朝顔(アサガオ)、あさがおの種まき

  • 百日草の種まき

  • ひまわり、向日葵(ヒマワリ)、ミニひまわりの種まき

  • かすみ草(カスミソウ)、かすみそうの種まき

  • ホオズキの種まき

  • 菜の花の種まき


  • 実のなる野菜の種まき

  • トマトの種まき

  • ナスの種まき

  • 節成ゴーヤーの種まき

  • 節成中長ゴーヤ(新風)の種まき

  • 中長ゴーヤーの種まき

  • 大長ゴーヤーの種まき

  • キュウリの種まき

  • 南瓜(カボチャ)、かぼちゃの種まき

  • ミニスイカ(紅小玉)の種まき

  • スイカの種まき

  • ミニトウガンの種まき

  • ヒョウタンの種まき

  • ズッキーニ・ストレートネックの種まき

  • ズッキーニ・ストリアト・ディ・イタリアの種まき

  • 丸ズッキーニ・ドンダ・ディ・ビア・チェンザの種まき

  • 丸ズッキーニの種まき

  • インゲンの種まき

  • モロッコインゲンの種まき

  • 枝豆(エダマメ)、大豆(ダイズ)の種まき

  • 茶豆(チャマメ)の種まき

  • スナップエンドウの種まき

  • 空豆(ソラマメ)そら豆の種まき

  • 落花生(ラッカセイ)、ピーナッツの種まき

  • ピーマンの種まき

  • 唐辛子(トウガラシ)、とうがらしの種まき

  • オクラの種まき

  • とうもろこし、トウモロコシの種まき

  • イチゴの種まき


  • 葉菜の種まき

  • モロヘイヤの種まき

  • 空芯菜(クウシンサイ)、エンツァイの種まき

  • 法蓮草(ホウレンソウ)、ほうれん草の種まき

  • 不断草(フダンソウ)、ビーツ、甜菜(テンサイ)の種まき

  • 小松菜(コマツナ)、こまつなの種まき

  • ブロッコリーの種まき

  • キャベツの種まき

  • コールラビ、カブカンランの種まき

  • 白菜(ハクサイ)、タケノコハクサイの種まき

  • レタス、サニーレタス、リーフレタスの種まき

  • 水菜(ミズナ)、みず菜の種まき

  • 壬生菜(ミブナ)、みぶ菜の種まき

  • 白茎パクチョイ(白菜)の種まき

  • 高菜(タカナ)、たか菜の種まき

  • かつお菜(カツオナ)、かつを菜の種まき

  • わさび菜(ワサビナ)の種まき

  • 野沢菜(ノザワナ)、のざわ菜の種まき

  • ま菜(マナ)の種まき


  • 根菜の種まき

  • ネギ、長ネギ、葉ネギ、万能ネギ、下仁田ネギの種まき

  • 玉ねぎ(タマネギ)、たまねぎの種まき

  • 大根(ダイコン)、だいこんの種まき

  • 蕪(カブ)、かぶの種まき

  • 人参(ニンジン)、にんじんの種まき

  • 牛蒡(ゴボウ)、ごぼうの種まき



  • 果樹の種まき

  • 葡萄(ブドウ)、ぶどうの種まき



  • 色々なこと

  • 寒さ、寒冷化による経済損失



  • トマトの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方







    トマトの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方





    種の外観、皮





    ビッグレインボートマトという、非常に甘いフルーツのようなトマトの種子です。
    よく見ると、銀色の毛のようなものは無数の棘であることがわかります。


    さらにトマトの種の表面を拡大してみると、棘がたくさんあり、表面がみえないくらいに埋まっています。
    これは野草がセーターに付いてどこかへ運ばれるような感じです。
    トマトの場合は、何かから守っているということが考えられます。
    細菌、菌類、小さい昆虫類からこのトゲトゲで種を守っているかもしれません。









    種の大きさ、重さ


    大きさは、ほぼトマトの実の大きさに比例するような感じですが、ほとんど大差はありません。だいたい、2mm〜4mm程度です。ミニトマトほど小さく、大きいトマトは種も大きくなります。




    ビックレインボートマトという虹のように2,3種類の色が入り混じった、カラフルで大型で多分、最も美味しい大きなトマトの1つであるものです。大型種だけあって、種も大型です。といっても、4mm以下です。


    上段左から:ブラックプリンストマト(中玉)、アメリカトマト(大玉)
    下段左から:ビッグレインボートマト(極大玉)、ブラックチェリートマト(ミニ玉)





    種の構造、断面の写真


    表面はうす茶色の種の表面に銀色の毛のようなものが生えていて、薄く平べったい形をしています。

    かたちは楕円形を少し歪ませた、豆のような形になっています。








    同じく、ビックレインボートマトの種を真横に切断した断面です。平たく寝かせて子葉を2枚ともカットするように切断した様子です。中に胚にあたる部分を見ることが出来ます。
    と思ったら、白い部分が子葉と胚軸で色の濃い部分が胚乳という栄養分のようです。

    厚さは1mm以下ですので、肉眼ではこういう様子は全く見えません。
    これでトマトの種子の皮は茶色いということがわかりました。





    おすすめ商品は↓こちらから!











    種まきの発芽の難しさ




    発芽適温:25度〜30度強、発芽日数:4日〜1週間、2週間(低温の場合)


    簡単とは言い切れないですが、難しいということもありません。

    ちゃんとした品質の種、新しい種を使えば発芽率も比較的良くなります。

    まれに品種によっては、発芽しにくいものや、発芽条件がかなり違うものがあります。通常よりも低温を好むようなトマトもあります。

    しかし、一般的なトマトの種でしたら通常の温度、日数で発芽すると思います。



    トマトの種まき方法


    セルトレイに種まき用の土か、培養土、バーミキュライトを入れます。新しい用土を用います。

    セルトレイの土の上にトマトのタネを並べます。セルトレイの大きさによりますが、36穴のトレイで5粒くらい、それよりも小さいトレイの場合は3粒程度がいいと思います。

    安い種、固定種に多いのですが、この場合はこのように撒けるだけまいて後で選抜したほうがいいです。高い種の改良品種は1トレイ1粒づつ播いて大事に育てたほうがいいと思います。







    発芽して双葉が出ています。双葉は本葉とは違って切れ込みのない単純な形をしています。





    トマトを発芽させて、セルトレイの中だけで大きくする分には個人の家庭でも非常に簡単なのですが、その後の売られているような大きな苗にするのは本当に敷居が高いです。

    それも、その時期にできているか?ということが大事です。

    もしも、日本の夏がもっと長ければ、冬がもっと早く春になれば、だいぶ違ったかもしれません。ほんとうにおかしくて仕方ないくらいに寒い時期が長いことに気がつくと、やはり、トマトが昔から日本になかったのもうなづけます。

    とにかく、種まきから発芽して、ここまでの大きさにするまでは、室内であれば冬でもいつでも非常に簡単です。また、種取りも、スーパーで売られているトマトには、必ず完成された種が入っています。今のところ、ホルモンで種なしトマトというのはまだ作っていないようですので、一応、発芽する種を非常に簡単に入手することができます。

    これがナスだったら、未熟な種なので発芽させることができませんが、唯一トマトだけは完熟に近く、種は完全に近いものが取りやすいので、面白い実験としてやられてみるといいかもしれません。

    ただ、年々、冬の期間が早まり、遅くまで続き、トマトを育てて収穫するのは難しくなってきています。この調子なので、種から栽培して、家庭菜園のように立派なトマトを作ることは難しいと思います。







    おすすめのページ!



    おすすめのページ

    コリアンダー(パクチー)の種まき

    カメムシソウと言われたりして、かなり刺激的な匂いのパクチーですが、コリアンダーとも呼ばれます。種を香辛料として多用しています。すりつぶすと柑橘系のような爽やかな匂いが広がります。

    ディルの種まき方法

    ディルとはハーブの一種で、魚料理やピクルスなどに用いられることが多いものです。独特のふさふさとした毛のような葉が印象的です。 しかしながら、それ以上に、この種の見かけも超一流に変わっています。構造はよく分かりませんが、何か2つが1組になっているように見えます。

    カモミールの種まき方法

    これは超拡大写真です。虫眼鏡で大きくして見ているのと同じようなくらい拡大しています。 実際には、肉眼では見えません。このような模様やスジがあることなんて分かりませんでした。超クローズアップ撮影で撮った写真を拡大してみて初めて見えてきたものです。

    トマトの種まき方法

    さらにトマトの種の表面を拡大してみると、棘がたくさんあり、表面がみえないくらいに埋まっています。 これは野草がセーターに付いてどこかへ運ばれるような感じです。 トマトの場合は、何かから守っているということが考えられます。 細菌、菌類、小さい昆虫類からこのトゲトゲで種を守っているかもしれません。

    スナップエンドウの種まき方法

    乾燥したスナップエンドウの種です。 こういう状態で売られています。 それを1日水につけると、本来の形に戻り、種が生きていることがわかります。




    おすすめ商品は↓こちらから!










    公園水槽レイアウトネギズッキーニモノクロ現像/フィルムカメラ/カラー現像/レンズゴーヤー山林うさぎイチゴ熱帯魚 病気 飼育オールドレンズ 作例、スペック、評価、レビュー、比較、通販(円)文鳥海釣り公園ダイコンショウガ、ミョウガトマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方カブの育て方マメの育て方壁、塀根、茎、葉伝統食材うさぎ 飼い方