種まきの壺 - ベランダや庭に種を播こう!





ハーブの種まき

  • バジルの種まき

  • 大葉、紫蘇(シソ)、しその種まき

  • セロリの種まき

  • 春菊(シュンギク)、しゅんぎくの種まき

  • コリアンダー(パクチー)の種まき

  • ディルの種まき

  • カモミールの種まき


  • 花の種まき

  • 朝顔(アサガオ)、あさがおの種まき

  • 百日草の種まき

  • ひまわり、向日葵(ヒマワリ)、ミニひまわりの種まき

  • かすみ草(カスミソウ)、かすみそうの種まき

  • ホオズキの種まき

  • 菜の花の種まき


  • 実のなる野菜の種まき

  • トマトの種まき

  • ナスの種まき

  • 節成ゴーヤーの種まき

  • 節成中長ゴーヤ(新風)の種まき

  • 中長ゴーヤーの種まき

  • 大長ゴーヤーの種まき

  • キュウリの種まき

  • 南瓜(カボチャ)、かぼちゃの種まき

  • ミニスイカ(紅小玉)の種まき

  • スイカの種まき

  • ミニトウガンの種まき

  • ヒョウタンの種まき

  • ズッキーニ・ストレートネックの種まき

  • ズッキーニ・ストリアト・ディ・イタリアの種まき

  • 丸ズッキーニ・ドンダ・ディ・ビア・チェンザの種まき

  • 丸ズッキーニの種まき

  • インゲンの種まき

  • モロッコインゲンの種まき

  • 枝豆(エダマメ)、大豆(ダイズ)の種まき

  • 茶豆(チャマメ)の種まき

  • スナップエンドウの種まき

  • 空豆(ソラマメ)そら豆の種まき

  • 落花生(ラッカセイ)、ピーナッツの種まき

  • ピーマンの種まき

  • 唐辛子(トウガラシ)、とうがらしの種まき

  • オクラの種まき

  • とうもろこし、トウモロコシの種まき

  • イチゴの種まき


  • 葉菜の種まき

  • モロヘイヤの種まき

  • 空芯菜(クウシンサイ)、エンツァイの種まき

  • 法蓮草(ホウレンソウ)、ほうれん草の種まき

  • 不断草(フダンソウ)、ビーツ、甜菜(テンサイ)の種まき

  • 小松菜(コマツナ)、こまつなの種まき

  • ブロッコリーの種まき

  • キャベツの種まき

  • コールラビ、カブカンランの種まき

  • 白菜(ハクサイ)、タケノコハクサイの種まき

  • レタス、サニーレタス、リーフレタスの種まき

  • 水菜(ミズナ)、みず菜の種まき

  • 壬生菜(ミブナ)、みぶ菜の種まき

  • 白茎パクチョイ(白菜)の種まき

  • 高菜(タカナ)、たか菜の種まき

  • かつお菜(カツオナ)、かつを菜の種まき

  • わさび菜(ワサビナ)の種まき

  • 野沢菜(ノザワナ)、のざわ菜の種まき

  • ま菜(マナ)の種まき


  • 根菜の種まき

  • ネギ、長ネギ、葉ネギ、万能ネギ、下仁田ネギの種まき

  • 玉ねぎ(タマネギ)、たまねぎの種まき

  • 大根(ダイコン)、だいこんの種まき

  • 蕪(カブ)、かぶの種まき

  • 人参(ニンジン)、にんじんの種まき

  • 牛蒡(ゴボウ)、ごぼうの種まき



  • 果樹の種まき

  • 葡萄(ブドウ)、ぶどうの種まき



  • 色々なこと

  • 寒さ、寒冷化による経済損失



  • ひまわり、向日葵(ヒマワリ)、ミニひまわりの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方







    ひまわり、向日葵(ヒマワリ)、ミニひまわりの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方





    種の外観


















    種の大きさ、重さ


    ひまわりの種には、様々な種類があります。ミックスひまわりと言われてうられている種には5種類から10種類程度のひまわりの種が入っています。

    昔からなじみ深いひまわりの種ですが、細長いとうもろこしのような種で、硬い縦縞のある殻に包まれています。白地に黒い縞模様が入っています。

    これは、ロシア原産の大型のヒマワリで背丈が大きくなって大きな花を1つだけつけるというものです。

    高さは、2メートルか3メートルになるというもので最も大型のひまわりだと思います。

    このひまわりがひまわりとして一般的に流通していた時代には、ひまわりを切り花に使うなどということは不可能に近いことでしたが、近年徐々に世界中のひまわりを集めて栽培して、切り花として、観賞用の花として、用いられるようになりました。

    それらのなかには花の色が黄色ではなくて、オレンジ色や白、もしくは黒みがかったものなど、様々な色があります。また、形も違い、花の数も沢山咲くようなものもあります。

    また、草丈の大きさが昔からあるひまわりのように巨大になるものはあまりなく、ほとんどがこじんまりとした大きさで太くならずに小さく扱いやすいような品種になっています。

    ひまわりの種の大きさというのは、ひまわりの背丈によって決まっています。そのため、ほとんどの種類のひまわりが、お馴染みのオーソドックスなひまわりの種よりも小さいものとなっています。

    花の色や含まれる色素などによって実の空の色が異なっています。従来の白地に黒い縦縞が入ったもの以外に、茶色かったり、黒一色になっていたり、白くてとても小さいヒマワリの種があったりします。

    これらの重さは、大きさのわりにを軽くカラカラとしている感じです。












    種の構造


    ヒマワリの種の構造は分厚く大きめの殻にしっかりと包まれて中に種が入っています。

    しっかりとした子葉となる身が詰まっていて、結構大きく、脂が含まれており栄養豊富なため食べ物とされたり、ハムスターが好んで食べるように非常に栄養価の高い種です。

    皮は厚めですが、非常に堅いという事ではなくほどほどにかたく、パリっと割れるという感じです。













    種まきの発芽の難しさ


    発芽適温:20〜25度、発芽日数:1〜2週間





    ひまわりの種まきの方法


    ひまわりのたねまき方法は非常に簡単で、小学生が授業の教材として使うほど簡単です。つまり、大きくて扱いやすく、種まきも何も考えずに適当にばらまいて、土を被せる、もしくは指を押し込んで埋めるということでほとんど問題なく発芽します。

    また、発芽に必要な温度もそれほど高くはないので、春になって暖かくなってくるような頃に、植木鉢に直まきしてもちゃんと発芽してくれます。また、その後の成長も早くて非常に見栄えがすることからも、とても魅力的な植物だといえます。

    昔は小学生の教材で野菜などを育てるということは考えもしませんでしたが、昔はやはり花が一般的でした。

    その時にいちばん最初に出会うのがひまわりでした。

    なんといってもやはり、ひまわり単純明快で簡単で、ちょう新学期に入ってから種をまいて成長が始まり、そして夏ごろに花を咲かせるという、ちょうど学校の授業が行われている間にすべてが完結するという意味で優れた教材にもなります。

    ただ、近年の世界中から持ってこられたヒマワリは種類があるので、違った品種において適温が同じだとは思いません。

    おそらく一般的な有名なものの適温だと思います。種類によっては高温、低温のものがあるのだと思います。

    また、ミックスひまわりとして売られているものは、1袋にたくさんのひまわりの種が混ぜられて売られています。

    これらを何も考えずに同じ場所に播くと、成長早く背丈が高いものが圧倒的に場所を占拠してしまい、遅い小さいものなどは日陰になってし育たなくなってまうでしょう。

    そのため、本来の趣旨からは離れるかもしれませんが、種を種類別に分けてそれぞれ品種ごとにまとめて種まきしたほうがいいと思います。

    発芽率は分かりませんが、ミックスのまま播いてみました。

    とにかく大きさの差、発芽の差が多くて、一緒に育てる意味が分かりませんでした。とくに小さいセルトレイという場所で苗を育てるなら、1箇所1本づつが限界です。種類ごとに播いたほうが良かったです。













    おすすめのページ!



    おすすめのページ

    コリアンダー(パクチー)の種まき

    カメムシソウと言われたりして、かなり刺激的な匂いのパクチーですが、コリアンダーとも呼ばれます。種を香辛料として多用しています。すりつぶすと柑橘系のような爽やかな匂いが広がります。

    ディルの種まき方法

    ディルとはハーブの一種で、魚料理やピクルスなどに用いられることが多いものです。独特のふさふさとした毛のような葉が印象的です。 しかしながら、それ以上に、この種の見かけも超一流に変わっています。構造はよく分かりませんが、何か2つが1組になっているように見えます。

    カモミールの種まき方法

    これは超拡大写真です。虫眼鏡で大きくして見ているのと同じようなくらい拡大しています。 実際には、肉眼では見えません。このような模様やスジがあることなんて分かりませんでした。超クローズアップ撮影で撮った写真を拡大してみて初めて見えてきたものです。

    トマトの種まき方法

    さらにトマトの種の表面を拡大してみると、棘がたくさんあり、表面がみえないくらいに埋まっています。 これは野草がセーターに付いてどこかへ運ばれるような感じです。 トマトの場合は、何かから守っているということが考えられます。 細菌、菌類、小さい昆虫類からこのトゲトゲで種を守っているかもしれません。

    スナップエンドウの種まき方法

    乾燥したスナップエンドウの種です。 こういう状態で売られています。 それを1日水につけると、本来の形に戻り、種が生きていることがわかります。




    おすすめ商品は↓こちらから!










    公園水槽レイアウトネギズッキーニモノクロ現像/フィルムカメラ/カラー現像/レンズゴーヤー山林うさぎイチゴ熱帯魚 病気 飼育オールドレンズ 作例、スペック、評価、レビュー、比較、通販(円)文鳥海釣り公園ダイコンショウガ、ミョウガトマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方カブの育て方マメの育て方壁、塀根、茎、葉伝統食材うさぎ 飼い方