種まきの壺 - ベランダや庭に種を播こう!





ハーブの種まき

  • バジルの種まき

  • 大葉、紫蘇(シソ)、しその種まき

  • セロリの種まき

  • 春菊(シュンギク)、しゅんぎくの種まき

  • コリアンダー(パクチー)の種まき

  • ディルの種まき

  • カモミールの種まき


  • 花の種まき

  • 朝顔(アサガオ)、あさがおの種まき

  • 百日草の種まき

  • ひまわり、向日葵(ヒマワリ)、ミニひまわりの種まき

  • かすみ草(カスミソウ)、かすみそうの種まき

  • ホオズキの種まき

  • 菜の花の種まき


  • 実のなる野菜の種まき

  • トマトの種まき

  • ナスの種まき

  • 節成ゴーヤーの種まき

  • 節成中長ゴーヤ(新風)の種まき

  • 中長ゴーヤーの種まき

  • 大長ゴーヤーの種まき

  • キュウリの種まき

  • 南瓜(カボチャ)、かぼちゃの種まき

  • ミニスイカ(紅小玉)の種まき

  • スイカの種まき

  • ミニトウガンの種まき

  • ヒョウタンの種まき

  • ズッキーニ・ストレートネックの種まき

  • ズッキーニ・ストリアト・ディ・イタリアの種まき

  • 丸ズッキーニ・ドンダ・ディ・ビア・チェンザの種まき

  • 丸ズッキーニの種まき

  • インゲンの種まき

  • モロッコインゲンの種まき

  • 枝豆(エダマメ)、大豆(ダイズ)の種まき

  • 茶豆(チャマメ)の種まき

  • スナップエンドウの種まき

  • 空豆(ソラマメ)そら豆の種まき

  • 落花生(ラッカセイ)、ピーナッツの種まき

  • ピーマンの種まき

  • 唐辛子(トウガラシ)、とうがらしの種まき

  • オクラの種まき

  • とうもろこし、トウモロコシの種まき

  • イチゴの種まき


  • 葉菜の種まき

  • モロヘイヤの種まき

  • 空芯菜(クウシンサイ)、エンツァイの種まき

  • 法蓮草(ホウレンソウ)、ほうれん草の種まき

  • 不断草(フダンソウ)、ビーツ、甜菜(テンサイ)の種まき

  • 小松菜(コマツナ)、こまつなの種まき

  • ブロッコリーの種まき

  • キャベツの種まき

  • コールラビ、カブカンランの種まき

  • 白菜(ハクサイ)、タケノコハクサイの種まき

  • レタス、サニーレタス、リーフレタスの種まき

  • 水菜(ミズナ)、みず菜の種まき

  • 壬生菜(ミブナ)、みぶ菜の種まき

  • 白茎パクチョイ(白菜)の種まき

  • 高菜(タカナ)、たか菜の種まき

  • かつお菜(カツオナ)、かつを菜の種まき

  • わさび菜(ワサビナ)の種まき

  • 野沢菜(ノザワナ)、のざわ菜の種まき

  • ま菜(マナ)の種まき


  • 根菜の種まき

  • ネギ、長ネギ、葉ネギ、万能ネギ、下仁田ネギの種まき

  • 玉ねぎ(タマネギ)、たまねぎの種まき

  • 大根(ダイコン)、だいこんの種まき

  • 蕪(カブ)、かぶの種まき

  • 人参(ニンジン)、にんじんの種まき

  • 牛蒡(ゴボウ)、ごぼうの種まき



  • 果樹の種まき

  • 葡萄(ブドウ)、ぶどうの種まき



  • 色々なこと

  • 寒さ、寒冷化による経済損失



  • 大根(ダイコン)、だいこんの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方







    大根(ダイコン)、だいこんの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?簡単?−育て方




    種の外観
































    これらは、様々な大根という名がつく野菜の種です。一応、大根の仲間と言っていいものです。


    大根の種は、身近なところでは、かいわれ大根についている種の殻をかぶっています。

    かいわれ大根、もやし、いわゆるスプラウト系野菜です。光がなくても水と温度だけで発芽するので、工場野菜として、都会のどまんなかの工場の中で作られていたりします。

    どうして、こんな都会で???野菜が??っていうのは、キノコとならび、ビルの中でも作れるものです。そして、かいわれ大根やもやしは、とても速く生産完了します。キノコの比較じゃありません。



    当たり前ですが、大根の種は綺麗な形の大粒の茶色い硬い殻に包まれています。アサガオの種を数分の1にしたような感じにも見えます。




    種の大きさ、重さ


    大きさは2,3mm程度です。重さは軽めです。









    おすすめ商品は↓こちらから!












    種の構造


    中には栄養たくさんの双葉、カイワレが入っています。

    ぴりりと辛くおいしいサラダになるものです。これが栄養源となって、初期の爆発的な成長を見せるわけです。









    種まきの発芽の難しさ


    発芽適温:15〜30度、発芽日数:2〜5日




    だいこんの種まき方法


    種は暑くても発芽しますが、秋冬大根などは生育適温が20度程度までですので、いい状態にはなりません。しかし、夏大根や、春大根などあるので様々な時期に栽培できる、一年中種まきが可能な野菜だとも言えます。

    お店から大根が消える時期は無いと思います。必ず、どうやってでも出荷できるようです。また、寒い時期に貯蔵できることも大きのではないでしょうか?

    種まき方法は、通常は穴の空いたマルチの穴の中に3粒播いて1本に選抜していきます。

    しかし、このまま2本程度なら育ってしまいます。形は多少変形しますが、問題なしです。

    また、スジを作り、そのスジにそって10cm間隔に1粒づつ蒔いていくという方法もあります。これは家庭菜園向きの播き方です。最高にいいです。

    スジとスジの間は20cm程度離しますが、10cm間隔でまくと、ちょうど適度な大きさで、葉が食べれる限界の大きさになって抜くと間隔が20cmと広くなっていい感じになります。

    また、小ぶりになりますが、10cmの間隔でも一応は大根ができます。小ぶりでいいというのが誰しも思うことです。家庭菜園では、とくに、必要なときにだけ採ってきたいので、こぶりな大根が好まれます。

    そういうときは思い切って10cm間隔の筋蒔きでやってみてはいかがでしょうか?マルチなんてできません。でも、関係なくよく育ちます。

    冬場でないと、地面に生えているままで置いておくとすぐにとうが立ってしまいます。ガチガチの繊維ができて、食べることはおろか、包丁できるのさえ大変になります。

    適宜に抜き、横にして土に埋めると多少はとう立ちが遅くできるそうですが、それさえ気をつければ、最高に効率のいい種まきの方法です。

    あるときからこの方法を試したら辞められなくなりました。

    マルチの穴ごとに点まきにするか、スジをつけて筋蒔きにするかがあります。

    しかし、マルチを使うと自動的にマルチ穴への点まきになります。また、筋蒔きにするとマルチを使えません。

    これは、季節の変わり目などに播種する場合は、若干、成長に影響が現れるかもしれません。

    スジ状に綺麗に切り込みが入っているマルチが売られていればいいのですが、家庭菜園ですので、マルチなしで一番いい時期に簡単に育てるほうが楽しいかもしれません。

    個人的には楽しさの面でいうと、マルチは成長はよくなりますが、あまり、土と触れられず、土の様子が見えずに面白くありません。




    発芽して暫く成長した大根の様子です。
    双葉はとれてしまいましたが、本葉が2枚生えています。
    大根らしいギザギザした葉の形が分かります。
    これはみの早生大根という種類の大根の発芽後の様子です。


    こちらは、本葉がまっすぐに細長く伸びて成長している、白首大根という大根の発芽後、暫く経過した様子です。


    点まきにすると、すぐにこのようになって、1本立ちにしないといけなくなります。


    筋蒔きの様子です。
    若干近いですが、種を播く時に上手く種同士がバラけなかったようです。
    種を1粒づつ、土のうえに置いていくと、 ちゃんと10cmの間隔がとれます。






    おすすめのページ!



    おすすめのページ

    コリアンダー(パクチー)の種まき

    カメムシソウと言われたりして、かなり刺激的な匂いのパクチーですが、コリアンダーとも呼ばれます。種を香辛料として多用しています。すりつぶすと柑橘系のような爽やかな匂いが広がります。

    ディルの種まき方法

    ディルとはハーブの一種で、魚料理やピクルスなどに用いられることが多いものです。独特のふさふさとした毛のような葉が印象的です。 しかしながら、それ以上に、この種の見かけも超一流に変わっています。構造はよく分かりませんが、何か2つが1組になっているように見えます。

    カモミールの種まき方法

    これは超拡大写真です。虫眼鏡で大きくして見ているのと同じようなくらい拡大しています。 実際には、肉眼では見えません。このような模様やスジがあることなんて分かりませんでした。超クローズアップ撮影で撮った写真を拡大してみて初めて見えてきたものです。

    トマトの種まき方法

    さらにトマトの種の表面を拡大してみると、棘がたくさんあり、表面がみえないくらいに埋まっています。 これは野草がセーターに付いてどこかへ運ばれるような感じです。 トマトの場合は、何かから守っているということが考えられます。 細菌、菌類、小さい昆虫類からこのトゲトゲで種を守っているかもしれません。

    スナップエンドウの種まき方法

    乾燥したスナップエンドウの種です。 こういう状態で売られています。 それを1日水につけると、本来の形に戻り、種が生きていることがわかります。




    おすすめ商品は↓こちらから!










    公園水槽レイアウトネギズッキーニモノクロ現像/フィルムカメラ/カラー現像/レンズゴーヤー山林うさぎイチゴ熱帯魚 病気 飼育オールドレンズ 作例、スペック、評価、レビュー、比較、通販(円)文鳥海釣り公園ダイコンショウガ、ミョウガトマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方カブの育て方マメの育て方壁、塀根、茎、葉伝統食材うさぎ 飼い方